じばさん但馬 じばさんSHOP じばさんSHOP 会館予約


 ホーム
 たじまの地場産業
 たじま地域について
 関係団体リンク
 館内マップ
 センター概要
 お問い合わせ
 
 

豊岡かばん

豊岡かばん

培われた伝統と技術・・・そして、ブランド誕生。

明治14年、八木長衛門が第2回国内勧業博覧会に2尺3入子、3本革バンド締めの「行李鞄」を創作出品した物が最初の豊岡鞄と伝えられており、また明治35年の第5回国内勧業博覧会出品目録には遠藤嘉吉郎の「旅行鞄」が見られます。

ギンガムチェックオープンケース昭和35年頃

この3本革バンド締めの柳行李は、外観はトランクと同じでしたが、トランクとは呼ばれず、柳行李と呼ばれていました。これは、この鞄が従来の杞柳製品の改良品であり、また、柳行李で名高い豊岡で作られたことが原因と言われています。

交通手段の発達に伴う内外旅行者の増加により、携帯運搬用容器の需要が高まり、それに応じて様々な工夫発明が行われました。

大正6年には革バンドやアテ革など革付属品を作って行李メーカーに販売していた奥田平治が、従来の三本革バンド締めの柳行李にウルシを塗り、錠前を取り付けた「新型鞄」を創案した。これが豊岡鞄として売り出した最初のものと言われている。

パリ万博明治33年
かばん産業_職人

柳行李で培われた販売網と縫製技術を生かし高度成長期には、国内でも有数のかばん産地として発展しました。

現在では、歴史の中で培われたものづくりへのこだわりと技術を活かし、量から質への転換を図り、多様化するニーズに応えられるよう努力を続けています。

かばん産業_職人
かばん産業_職人

将来は、世界に認められるかばんの産地となることを目指し、ブランドづくりに取り組んでいます。
商標法が平成18年4月に改正され、平成18年11月には、「豊岡鞄」が地域ブランドに認定されました。

かばん産業_職人